モニター

20歳代、30歳代で更年期になったら、医学用語では「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という女性疾患を指します(我が国の場合は40歳以下の女の人が閉経する状態を「早発閉経(早期閉経)」と定義しています)。
「肝機能の減衰」については、血液検査項目のASTやALT、γ-GTP等3種類の値によってモニターできますが、ここ数年で肝機能が減衰している現代人の数が徐々に増えているということが判明しています。
緊張性頭痛は肩凝りや首のこりが誘因の患者数が多い頭痛で、「頭を締め付けられるような強い痛み」「重くてたまらない酷い痛さ」と言われます。
学校のような大規模な集団行動をするにあたって、花粉症の症状の為にクラスメイトと同様に外でエネルギッシュに動けないのは、当事者にとっても辛い事でしょう。
鍼灸用の針を気になる所に刺す、というダイレクトな何か所もの刺激は、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスと呼ばれるいわば電気信号の化学伝達を引き起こすと言われています。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、これまでの膨大な研究の成果によって、予防接種の効果を望めるのは、接種の14日後くらいから約5カ月間程度だろうということが分かりました。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、数日ちゃんと薬を飲めば、一般的にほとんどの患者さんの自覚症状は去りますが、とはいえ食道粘膜の炎症反応が快癒したとは断定できないのです。
下腹部の激しい痛みを引き起こす主な病気には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、卵巣の病気など、様々な病名が聞かれるようです。
脳内にある5-HT神経は、自律神経を調整したり痛みを鎮静化させ、覚醒現象などを司っていて、気分障害(鬱病)の患者さんは動きが低減していることが広く知られるようになった。
虚血性心疾患の一つである狭心症の外科的な施術としては大体「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈大動脈バイパス手術(CABG)」の双方の治療が頻繁に利用されています。
AED(Automated External Defibrillator)は医療従事者ではない一般人でも使用可能な医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスが指示してくれる通りに扱うことで、心臓の心室細動に対する応急処置の効果をいかんなく発揮します。
毎年流行するインフルエンザに適応する効果的な予防策や医師による治療を含めた原則施される対策そのものは、それが例え季節性インフルエンザでも新型インフルエンザでもほとんど同じです。
耳鳴りの種類には当事者にしか感じられないことを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように当事者だけでなく他の人にも高性能のマイクロホンなどを使用してみると聞くことのできるという「他覚的耳鳴り」があるのです。
欧米諸国おいては、新薬の特許が切れてから約1ヶ月後には、製薬市場の約80%がジェネリック医薬品(Generic drug)に取って代わるというクスリもある位、ジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)は世界中に採用されているという現実があります。
ダイエットに没頭するあまりカロリー摂取を抑制する、十分食事を食べない、こんな暮らし方が結果として栄養をも不足させ、酷い冷え性を誘発していることは、多くの先生方が問題視されていることです。