低音域

複雑骨折してかなり出血してしまった時に、血圧が下がって眩暈やふらつき、体が急速に冷えるように感じる冷や汗、悪心、意識消失発作などの様々な脳貧血の症状が見られることがあります。
めまいは起こらないのに、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを何回も発症する症例の事を区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という病名で呼ぶ症例もあるとのことです。
人間の耳の内部構造は、大まかに「外耳」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分類されますが、中耳のところに黴菌やウィルスがうつることで炎症が発症したり、液体が溜まる病を中耳炎と呼ぶのです。
学校や幼稚園等の団体行動をする時に花粉症が原因でクラスメイトと等しく楽しく活動できないのは、患者である子どもにとっても寂しいことです。
「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、体内における脂肪が占有するパーセンテージであり、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重×100」という計算によって求めることができます。
欧米諸国おいては、新しく開発された薬の特許が満了した約1ヶ月後には、市場の80%が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に取って代わるという医薬品もあるほど、ジェネリックは先進国で親しまれているという現実があります。
子供の耳管の特徴は、大人に比べると幅があって短めの形状で、且つ水平に近いため、様々な菌が侵入しやすくなっています。幼い子どもがよく急性中耳炎になるのは、これが関わっています。
脚気(beriberi)の症状は、主に手や脚が麻痺したり脚の著しいむくみなどがよく訴えられ、症状が進行すると、重症の場合、呼吸困難に至る心不全などももたらすことがあるそうです。
バイ菌やウィルスなどの病気を誘引する微生物、即ち病原体が口から肺の中に入り込み発病してしまい、肺自体が炎症反応を見せている容態を「肺炎」と言います。
内臓脂肪過多の肥満があり、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2個以上に該当するケースを、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と名付けています。
明るくない所だと光量不足によって見えづらくなりますが、さらに瞳孔が開くので、眼球のピントを合わせるのに多くのエネルギーが消費されてしまい、明るい場所で物を見るより疲れるのが早くなります。
汗疱(かんぽう)とは掌や足の裏、又は指の間などにプツプツとした水疱が出る病気で、普通は汗疹(あせも)と言われ、足裏に現れると水虫と早とちりされることが多くあります。
体重過多に陥っている肥満というのは勿論あくまで摂取する食物の内容や運動不足が素因ですが、内容量は変わらない食事であっても、あっというまに食べ終わる「早食い」を日常化することにより脂肪過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなるようです。
鍼灸用のハリを患部に刺す、というダイレクトな何か所もの刺激は、神経細胞を活発にし、神経インパルスと言われている謂わば電気信号伝達を引き起こすのではないかという見解が広まっています。
脂溶性のV.D.は、カルシウムが吸収されるのを補助する特質で有名であり、血中の濃度を調節して、筋肉の機能を操ったり、骨を作ります。