役目

お薬、アルコール、合成保存料を始めとした食品添加物等の成分を酵素によって分解し、無毒化する作用のことを解毒と称しており、多機能な肝臓の果たす最も重要な職責のひとつであることは間違いありません。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、人の体の中の脂肪が占めている%で、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪量(キロ)÷体重(weight、キログラム )×100」という数式で算出することができます。
腰などが痛むヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間でクッションみたいな役目を担っている椎間板(ついかんばん)という名のやわらかい線維軟骨が突出した症例のことを指しているのです。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新薬の特許が満了してから30日後には、製薬市場の約8割がジェネリック(後発医薬品)に替わるような飲み薬もある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)は地球上に知られています。
脂溶性であるV.D.は、カルシウムが吸収される行程を促す事が知られていて、血中のカルシウムの濃度を微調整し、筋肉の機能を操作したり、骨を作ってくれます。
収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧が長く続くと、全身の血管に強いダメージが与えられ、頭の先から足の先まで様々な場所の血管に障害がもたらされて、合併症を招く見込が大きくなるのです。
肝臓を健やかにキープし続けるためには、肝臓の有害物質を分解する力が下がらないようにすること、分かりやすく言えば、肝臓を老化させない対策に地道に取り組むことが効果的だと思われます。
年齢を重ねることが原因の耳の聞こえにくさにおいては少しずつ聴力が落ちていきますが、一般的に60歳くらいまでは聴力の老化をはっきり自認できないものです。
メタボリックであるとは言われなくても、臓器の脂肪が多く蓄積してしまう性質の悪質な肥満を持ってしまうことによって、様々な生活習慣病を発症しやすくなります。
めまいが起こらず、長時間続く耳鳴りと低音域の難聴を複数回発症するケースのことを「蝸牛型メニエール(メニエル)病」と診断するケースがあるのです。
ハーバード大学医学校の調査データによると、通常のコーヒーと比較して1日2杯以上はデカフェのコーヒーで代用すると、直腸癌の発症する確率を約半分も減少させることができたらしい。
BMI(体重指数を求める式はどの国でも同じですが、値の評価基準は各国異なっていて、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準体重とし、25以上だと肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と定義付けています。
食事という行為は、次に食べたい物を気軽に口へ入れたら幾度か噛んで飲み下すだけだが、それから体は実にまめに動いて異物を人体に取り込む努力をし続けているのだ。
2005(平成17)年2月より新たにトクホ(特保)のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起の文句の印字が食品メーカーに義務付けられている。
HIV、すなわちエイズウイルスを保有している血液や精液、母乳、腟分泌液等のあらゆる体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜部分などに触れた場合、HIVに感染する危険性が高くなってくるのです。