睡眠

様々な花粉症の緒症状(水っ洟、鼻詰まり、連発するくしゃみなど)のために夜間よく眠れない場合、そのために慢性の睡眠不足になり、次の日起床してからの行動に思わしくないダメージを及ぼすこともあります。
メタボリックシンドロームとは診断されていなくても、内臓の脂肪が付いてしまうようなよくない肥満を抱えることによって、辛い生活習慣病を誘引しやすくなります。
お酒に含まれるアルコールを無毒化する働きがあるナイアシンは、不快な宿酔に極めて効果的です。辛い宿酔の主因物質といわれるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質のクラッキングにも関わっているのです。
BMIを算出する式はどこの国も同じですが、数値の評価水準は国家ごとに少しずつ違っていて、一般社団法人日本肥満学会ではBMI値22を標準体重とし、BMI25以上の場合だと肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と定めています。
子どもの耳管の特徴は、大人に比べて幅が広くて短い形であり、かつ水平に近いため、バイ菌が入りやすくなっているのです。幼い子供がよく急性中耳炎に罹るのは、これが関わっています。
一般的には骨折を起こさない程の小さな圧力でも、骨の決まった個所だけに何度も繰り返し途切れることなく力が加わることにより、骨折に至ることがあるので注意が必要です。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことや喫煙する事・アルコール類・肥満症等の生活習慣の質の低下、ストレスに縁り、ここ数年日本人に増えつつある疾患の一種です。
不整脈の中でも期外収縮は、特に病気ではなくても出現することがあるので緊急の心臓病ではありませんが、短時間で発作が次から次へと起こるケースは危険です。
乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、今までの生ワクチンに替わる新しい手段として、2012年9月1日以降は原則無料で受けることのできる定期接種として導入されるので、集団接種ではなく医療機関で接種するという個別接種という形になりますのでご注意ください。
脂肪過多に陥っている肥満は当然食事内容や運動不足が素因ですが、量の変わらない食事だったとしても、短時間で食べ終わる「早食い」を日常化することで体重過多に陥っている肥満を招く可能性が高まります。
お酒に含まれるアルコールやお薬、科学的に合成された食品の添加物などの物質を酵素によって分解し、無毒化する働きのことを解毒といい、多機能な肝臓の果たす非常に重要な務めのひとつだと言えるでしょう。
国民病ともいわれる花粉症とは、森林のスギや檜などの大量に飛散する花粉に誘発され、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・微熱・鼻詰まり・鼻水などの多様なアレルギー症状を招く病気なのです。
PC使用時の青っぽい光を低減させる効果のあるPC専用のメガネがいま最も人気を集める理由は、疲れ目の消失に多くの方々が興味を抱いているからでしょう。
まず間違いなく水虫イコール足、こと足指の間にできやすい病気だと間違えられやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染するのは決して足だけではないので、体中どこにでもかかる可能性があるので注意してください。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手先や足先がしびれたり脚の著しい浮腫などが代表的で、発症から時間が経つと、最悪の事態では心不全も連れてくることがあるのです。